WordPress Flash Uploader、Add From Serverなどのプラグインが使えない時に、FTPからアップロードした画像をメディアに認識させる方法

タイトル通りに、WordPressにおいてWordPress Flash Uploader、Add From Serverなどのプラグインが使えない時に、FTPからアップロードした画像をメディアに認識させる方法。

画像数が2000を超えており、かつPHPのバージョン違いのためか、WordPress Flash UploaderのSync Media Library機能で、

“Uncaught Error: Using $this when not in object context in (ファイルパス)”

とエラーが出る。wfu-sunc.phpの29行目の$thisがオブジェクトではないところで使われているとのこと。

flash uploader error

同様なプラグインであるAdd From ServerやMedia from FTPで試してみるが、Media from FTPでは全画像が登録できず、Add From Serverでは一括で登録しようとするとブラウザがクラッシュしてしまい、どうしたもんかと。

半分あきらめてたところで、Force Regenerate Thumbnailsを使う場面があり、実行してみると、なんと!!メディアに認識されているではないか!!

Force Regenerate Thumbnailsは元々はその名の通り画像のリサイズに使用するプラグインだが、リサイズ時に元ファイル以外の画像は削除するため、再度メディアに登録するのかもしれない。

何にせよ、WordPress Flash Uploader、Add From Serverなどのプラグインが使えない時は、Force Regenerate Thumbnailsで試してみるのもあり。

追記:

最近だとMedia from FTPというプラグインで同様にFTP経由でアップロードした画像をメディアに登録できる。

Media from FTP