Mac環境のVirtualBox6.0でWindows10を入れても画面サイズが小さい(Guest Additionsインストール後も)のを解決

先日VirtualBoxをアップデートしたところ、アップデート方法を間違えたのか各仮想OS再インストールするはめに。

再インストールしたところ、画面サイズが小さい。。

調べてみるとGuest Additionsをインストールすれば直るとのこと。

VirtualBoxでWindows10を入れたらGuest Additionsをインストールしよう

しかしこのGuest AdditionsをインストールしてWindows10を再インストールしても、画面は小さいまま。

カーソルで画面の端を持って拡大させてみても画面の大きさに合わせてWindows10の画面が拡大されない。

さらに調べると、VirtualBoxのWindows10のDisplay設定のメモリを増やすことでできることが判明!!

VirtualBoxの初期画面から、MSEdge – Win10の設定画面を表示。キーボードショートカットはCmd + S

VirtualBox6.0

開いたらDisplayタブを選択する。

ScreenタブでVideo Memoryが初期状態だと8MBになってるので、右端いっぱいの128MBまで増やす。

VirtualBox6.0 Display

増やした後再度仮想Windows10を起動すると、画面が拡大できるようになった。

しかし仮想Windows10内の解像度が高すぎて文字が小さく読めない。。

こちらは仮想Windows10内のディスプレイ設定を直すことで修正。Windows10の画面上で右クリックし、Display settingsを開く。

後は出たきたDisplay設定画面で”Cnage the size of text, apps, and other items”のゲージを右に伸ばしてく。

仮想Windows10

200%ぐらいがちょうどよかった。

ここまで来るのに約1時間が溶けた…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です