Google XML Sitemapsで「送信されたURLにnoindexタグが追加」を解決【除外の追加方法】

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」は、noindexが付いてる投稿がサイトマップに含まれていることからサーチコンソール上で発生するエラー。

つまりはnoindexを付けた投稿を、サイトマップに掲載しなければOK。

Google XML Sitemapsをサイトマップ生成のために使っているのであれば、noindexを付けた投稿をサイトマップ上に表示しない設定が必要。

表示しないためには、除外設定に投稿IDを追加する必要がある。

追加の手順は以下の通り。

1.noindexを付けた投稿のIDを確認する

投稿IDの確認の仕方は、投稿一覧で該当する投稿のタイトル上にカーソルを合わせると、左下に表れるURLの「post=数字」の数字がIDとなっている。

投稿ID

この数字をメモしておく。

複数の投稿にnoindexを付けているなら、付けている全ての投稿のIDを控えておく。

2.noindexが付いた投稿のIDを、Google XML Sitemapsの除外設定に追加する

管理画面左側のメニューから、設定→XML-Sitemapへ移動し、Google XML Sitemapsの設定ページを表示する。

下の方にスクロールしていくと、「Excluded Items」という項目がある。

「Excluded Items」の欄の中の、「投稿 (個別記事) を含めない」の下のボックスに、先ほど控えた投稿IDを入力していく。

複数の投稿IDを入力する場合は、カンマ区切りで入力する。

Google XML Sitemap 除外
数字・カンマは英数半角入力モードにすること、また各投稿IDの間にスペースを入れないように注意。

以上で除外に登録した投稿はサイトマップから表示されなくなる。

試しに「ドメイン名/sitemap.xml」にアクセスして、除外登録した投稿のスラッグで検索し、サイトマップ上にないことを確かめてみるのがおすすめ。

設定完了後、サーチコンソール上で、「修正を検証」をクリックすることを忘れずに。

追記:

検索すると、Google XML Sitemapsの「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックを外すのが多数検索結果に表示されるが、そもそもの問題の原因が異なるため要注意。